トミカ インプリメント

トミカの入手記録。

トヨタ 2000GT

トヨタ 2000GT

f:id:yusoanum:20180531181104j:image

4月のトミカプレミアム、トヨタ2000GTです。実車は1967〜1970年に販売され、生産台数わずか337台、現在の価格で2000万円前後のスーパーカー。日本が誇る名車中の名車です。今作はその中でも後期型がモデルになっています。

f:id:yusoanum:20180531181053j:image

フロントは後期型の特徴でもあるグリルとフォグランプが直線的に並んだ形状を精巧に再現しています。ランプはクリア素材でリアルに、TOYOTAのTを模ったグリルも丁寧な仕上がり。ウインカーの彩色も綺麗です。

f:id:yusoanum:20180531181049j:image

サイドから。ロングノーズのボディライン、曲線美とはこの車のためにある言葉かと思うほど美しい。50年前にして全く色褪せない素晴らしいデザインだと思います。豊かな曲線をトミカに落とし込むのはさぞかし大変だったのでは。通常盤(前期ですが)と比較しても流麗さはプレミアムの方が一枚上手のように感じます。もう一点、市販車では世界でも初のマグネシウムホイールを履いた2000GT、ここもオリジナルを再現しています。ホイールのリアルさはプレミアムの大きな魅力ですね。

f:id:yusoanum:20180531181056j:image

リアから。リアバンパーやナンバープレート、マフラーなど、一点一点が細かく作り込まれていて良いと思うのですが、欲を言うとランプまわりが物足りない印象。これランプを囲うシルバーの枠をもっとはっきりして欲しかったです。

f:id:yusoanum:20180531181112j:image 

実車のペガサスホワイトを再現したと思われるカラーリングは、王道ではあるのですが、せっかくプレミアムなので少し冒険しても良いかなと最初は思いました。が、これだけプロポーションが良いと、むしろシンプルで正解ですね。f:id:yusoanum:20180531181100j:image 

ドア開閉アクション付き。素晴らしい。f:id:yusoanum:20180531181108j:image

R32、そして2000GTと4月のプレミアムは名車揃いでした。

 

ホットウィールの記事はこちら。