トミカ インプリメント

トミカの入手記録。

トミカプレミアム ランボルギーニ イオタ SVR

トミカプレミアム ランボルギーニ イオタ SVR

f:id:yusoanum:20171031053836j:plain

今回からパッケージが新しくなったトミカプレミアム。装いも新たに、ランボルギーニ イオタ SVRの登場です。1968年式のミウラP400をイオタ仕様にしたモデルで、1976年に日本に入ってきたもののようです。イオタ自体がランボルギーニから正式に発売されたものでは無いため、そのルーツは諸説あるようで、どれが正しいか判断がつきませんでした。そういった背景を含め、幻の一台、伝説の一台と言われたり、ミステリアスなオーラがある車ですよね。たった一台の車にSVRの固有名詞が付くのも凄いし、それを商品化したトミカプレミアムも凄い。

f:id:yusoanum:20171031053859j:plain

 造形はさすがプレミアム、かなり緻密です。特徴的なフロントライトは勿論クリアパーツ、そしてBBS製のメッシュホイール、この細かさは恐れ入りました。一気にクオリティを引き上げてくれます。

f:id:yusoanum:20171031053918j:plain

リアから。SVRの特徴である、幅広なリアタイヤとそれをカバーするオーバーフェンダー、しっかり再現しています。そして、今回の目玉ともいうべきギミック、カウルをオープン!!

f:id:yusoanum:20171031053939j:plain

いやー。。。やってくれましたよね。ここまで頑張るとは思いませんでした。

f:id:yusoanum:20171031053959j:plain

中には12気筒エンジンが。12本のシリンダーが実写同様に並んでいます。

f:id:yusoanum:20171031054019j:plain

あらためて、トミカプレミアムのクオリティに驚かされた一台です。